お知らせ

新型コロナウイルス感染対策における当院の取り組みについて

注意:PCR検査は出来ません

当院では、新型コロナウイルスによる患者様への感染防止対策として下記のような対策を行っております。

当院の院内感染予防について

1. 来院患者様全員に、体温測定・体調チェックシートを記入して頂いています。

発熱、感冒様症状のある患者様など、隔離が必要であると判断した場合、他の患者様との接触を回避する為、待合室とは別のお部屋で待機して頂き診察を受けて頂いております。

2. 毎日決められた時間(1時間毎)に、直接手が触れる箇所を次亜塩素酸ナトリウムにて清拭消毒を行っています。

受付、カウンター、机、椅子、手すり、各種スイッチ、トイレの便座など、患者様やスタッフが直接触れる場所を清拭消毒しています。
また、院内には患者様が使用可能なアルコール消毒を設置しています。

3. 可能な限りのソーシャルディスタンス(人と人との社会的距離)を取れる環境に変更しております。

待合室の椅子にはソーシャル空間を設けるための掲示を行い、患者様には間隔を開けて お掛けいただいています。
また、待合室のレイアウトを変更し、できる限りの換気を行い3つの密を回避しています。

4. スタッフはマスク着用・アイシールドを装着して業務に携わっています。

現在、外来スタッフは飛沫感染予防として、マスク着用・フェイスシールド・アイシールド装着を義務化としております。

5. 職員全員が、体温測定を行い、発熱(37.0度以上)がない状態を確認して業務に携わっています。

当院では職員の健康状態を把握する為、出勤の際、体温測定を行っています。
37.0度以上の発熱が認められた場合は、自宅待機にして経過を見る等、日々、職員の体調管理に努めています。

また、行政から発表されている手洗いのガイドラインを基本とし、手洗いと手指消毒を徹底するようにしています。 (手洗いと咳エチケットの掲示物を、待合室及びトイレに掲示しています。)

患者様へのお願い

新型コロナウイルスに限らず各種感染症の院内感染を防ぐため院内ではマスク着用・咳エチケットを守って頂きますようお願いいたします。

来院される患者様の為、手指消毒が行えるよう消毒液を設置しております。
ぜひ、ご利用下さい。

皆様が安心して来院する事が出来ますよう今後も行政機関等の情報を収集した上で、 徹底した感染防止対策を行っていきたいと思います。

ご不明な点等ございましたら、スタッフへお気軽にお問合せください。

 

お知らせ一覧へ

外来受診の方へ

入院される方へ

外来化学療法室のご案内

大阪医科大学附属病院 がんセンター

フォトギャラリー

職員募集

携帯版